株式会社 大東製作所

 

会社案内

■本社・諏訪工場
長野県諏訪市上川1-1544
TEL 0266-52-2041
FAX 0266-53-9153

■富士見工場
長野県諏訪郡富士見町243-6
TEL 0266-62-5543
FAX 0266-62-5548

 

営業品目

精密機器 
通信機器 
情報機器 
電気機器 
医療機器 
光学機器  
射出成形機による一体化部品

 

ダブルエー

 

NC network

 

HOME»  プラズマ溶射

プラズマ溶射

プラズマ溶射

■プラズマ溶射によるセラミックスコーティングの利点
「セラミックの部品を使用したいという時に、セラミックを使うとコストが掛かってしまう。機能的に必要な部分にだけセラミックなら」というような話は、表面の層に薄幕があれば十分なことがほとんどです。そこで金属母材にセラミックコーティングすることで機能が十分発揮されると共に、セラミック単体よりもコスト的にも性能的にも優れたものになります。

プラズマ溶射とは、金属材料を溶かして母材に吹き付けるという技術で、水玉風船を壁に投げた時の水の状態が、いくつも重ねられた様子に似ています 。プラズマ溶射の用途はたいへん広範囲にわたり、耐磨耗・耐食性・断熱性・耐熱性・抗菌性・導電性・電気絶縁性などの特徴があります。普段では目に付かないようなセンサー・薬品槽・ジェットエンジン部品・軸受け部の補修から高級フライパンに至るまで、およそ今日かかわりのない物はないでしょう。プラズマ溶射は、皮膜材料の物理的、化学的特性を生かした多目的機能皮膜を作ることを目的として開発された方法ですが、溶射材料の開発(最近では用途に応じたオリジナルの複合材料)もあって適用範囲は更に拡大しています。
 

プラズマ溶射

△3層溶射サンプル顕微鏡写真

 

プラズマ溶射

△サンプル製品

 

プラズマ溶射の特徴

○溶射材料の選択が豊富
○高融点材料が可能
○緻密さ・密着性等の皮膜特性が優れている
○加工時間が短く、皮膜形成時間が早い
○母材を選ばない
○母材を変形させない

 

プラズマ溶射の用途例

目的 材料 用途例
耐食性 Al・SUS・Ni・Mo・Ti ガイドロール・シリンダー・プラント
耐摩耗性 Wc・Ai2O3-TiO2・Cr2O3 ガイドロール・プーリー・シール・機械部品
耐熱性 NiCr・ZrO2-Y2O3・MCrAlY タービン・ハウジング・高熱内壁
絶縁性 Al2O3 電気部品
導電性 Cu・Al・NiCr 電気部品
装飾 カラー溶射材 外壁・外装
医療 Ti・ インプラント・人工関節
検査 ZrO2-Y2O3 センサー
肉盛り NiCr 摺動部再生

 

プラズマ溶射品

プラズマ溶射 材質:ステンレスSUS316

 

プラズマ溶射 材質:ステンレスSUS316

 

プラズマ溶射 材質:ステンレスSUS316

▲プラズマ溶射 材質:ステンレスSUS316

 

▲プラズマ溶射 材質:ステンレスSUS316

 

▲プラズマ溶射 材質:ステンレスSUS316

 

プラズマ溶射 材質:ステンレスSUS316

 

プラズマ溶射 タングステンカーバイト

   

▲プラズマ溶射 材質:ステンレスSUS316

 

▲プラズマ溶射 タングステンカーバイト